【大好きなことを仕事にする5つのSTEP】

 

社会人になって一番に不自由を感じるのは、

仕事をしているときではないでしょうか?

 

長期連休あけは会社に行きたくないし、

休みが少ないとストレスが溜まる一方です。

 

僕自身は、大好きなことを仕事にしているので、

仕事が辛いと思った経験はほぼないです。

 

家庭教師も、カメラマンも、講師も、

どれも好きなことなので、

ある意味毎日がお休みと言っても過言ではないですし、

お休みの日に何をするかというと、

自分でオリジナルセミナーを開いたり、

写真を撮りに行っています。

 

楽しくて仕方ないんですよね。

 

よく「好きなことを仕事にできる人なんてほとんどない。」って言いますよね。

 

でも、僕に言わせてみれば逆で、

大好きなことだからこそ仕事にできるのでは?と思います。

 

よく高校の進路ガイダンスで話す「好きなこと」「やりたいこと」を見つける

5つのステップをご紹介します。

 

 

STEP.1 まずは幅広く色々なものを体験・経験してみる

 

人によって小さいとき若いときからやりたいことというのが決まっている人もいますが、

ほとんどの人は決まっていないことが多いです。

 

何が好きかもわからなくなる・・というのもよくある話です。

 

そんなときは、まずはじめになんでもやってみることです。

 

よく使う例えですが、マクドナルドのハンバーガーしか食べたことがない人に、

好きなハンバーガーはどこ?って聞いても、

「うーん・・・マック?」くらいにしか言えないと思います。

 

マクドナルド、モス、フレッシュネス、ウェンディーズ、

ファーストキッチン、バーガーキング、そしてドムドム

いろんなハンバーガーを食べたことがあるからこそ、

どこそこのハンバーガーが一番好き!!と言えるんじゃないでしょうか?

 

僕自身も、やりたいことを見つけるのにいろんな経験をしました。

まず、勉強に関しても国公立志願だったこともあり、

たくさん幅広く勉強しました。

 

一番好きなのが化学なんですが、それはいろんな科目を学んだからこそ、

自信を持って「好き」と言えるのです。

 

STEP.2 どんなとき「幸福度」が一番高いか考える

 

たくさんいろんな経験をしていると、

何をしているときが一番幸福感を得られているかがわかってきます。

 

この1番幸福度が高くなるときというのが大事で、

これの見つけ方は次の通りです。

 

1.幸福度があがる瞬間を最低20個書き出す

2.1の中で、上位3つにしぼる

3.2の3つに対して、なぜそれなのかを考える

4.3の理由を徹底して深め、その根っこにどんな思いがあるか言葉にする

これができれば、自分が本当に何を将来得たいかが見えてきます。

 

STEP.3 将来自分がどうありたいかを考える

 

ここが一番重要なのですが、ここで「やりたいこと」

「好きなこと」を考えるのではないのです。

 

将来、自分がどのような状態になったら幸せかを考えます。

 

例えば、大好きな友人に囲まれていたい だったり、

世の中の大勢から必要とされる存在になっていたい だったり、

兎に角、自由の身でありたい だったり。

 

最後のは僕ですね^^

 

僕は兎に角自由を求めて20代生きていました。

 

STEP.4 ありたい姿を得るには何をどうすればいいのかを考える

 

ここまで来て、ようやく具体的な「何をするか」を考えます。

 

実は、ありたい姿から考えると「何をするか」というのは、

たくさん出てくるんですね。

 

だから、僕自身はプロフィールにある通り、

普通では考えられないようなたくさんの職種を日々できているのです。

 

僕自身は、自由に物事をたくさんの人に教えたい!というのが、

最初にでてきたものなので、塾講師から入り、家庭教師をし、

そして、家族についてや結婚、恋愛についてまで、

講師としてさせてもらっています。

 

こうしてブログの記事を書くのもまた楽しくて仕方ないのです。

 

STEP.5 実際に事実ベースで行動を積み上げる

 

STEP.4までは、講座などでできるのですが、

行動するレベルに持っていくのがなかなかハードルがあります。

 

多くの人が陥っているのが「がんばってはいる」という、

なんとも言えない【解釈】です。

 

個人的に、教育に携わる上で、「がんばっている」というのは、

まわりが言うにしても、本人が言うにしても、

あまり好きな言葉ではありません。

 

大事なのは、客観的な「事実」です。

 

勉強だったら一日に何時間何をどのレベルで行ったのか。

スポーツだったらトレーニングや練習をどれほど積んで、

何をどれだけできるようにしたのか。 という「事実」です。

 

成功する人と成功しない人の大きな違いは、

事実を見れる人か解釈に目がいってしまうかというところにあります。

 

兎に角、事実を積み上げる。

そこを意識すれば、本当に大好きなことだけで生きていける毎日になるでしょう。

 


関連コンテンツ